トータルプロデュースで価値ある照明環境を提供いたします。

企画提案から商品販売、設計施工、そしてアフターフォローまでワンストップで行います。徹底して無駄を省くことで高レベルの「スピード」「品質」「経済性」を実現します。LEDをはじめ、最新の省エネ照明のご提案も行っております。お気軽にご相談ください。

「くるま作り」で培われた技術と品質

街路灯メーカー「リード」は、昭和33年に街路灯製造を開始して以来、トップメーカーとして日本の街路灯市場を牽引する存在となりました。また一方で、長年に渡り株式会社SUBARUとの業務提携により自動車部品の製作を行っております。「くるま作り」で培われた高度な生産技術と製品品質が、リードの街路灯製作における礎です。

復興の道をともに歩む

2011年3月11日に発生した東日本大震災。街路灯においてもまさに未曾有の状況。最大震度7を観測した宮城県栗原市をはじめ、災害エリア全域に街路灯を建てさせていただいております。

地震による倒壊は1本もありませんでしたが、津波によって1,000本以上の街路灯が、街とともに流されてしまいました。建築物、家屋、財産、コミュニティ、生命、、、震災によって大切なものを失った方の中には、私たちのお客様もたくさんいます。復興していく中で、街の灯りも徐々に戻っていくでしょう。その灯りが被災された方々に笑顔をもたらす灯りとなることを心から願っています。

おすすめモデル

街路灯は、その街の歴史や文化、さらには未来を映し出すアイデンティティそのものです。街路灯は比較的シンプルな構成であるだけに自由度が高く、オリジナリティを表現しやすいともいえます。ぜひこだわってください。経験豊かなスタッフが現地を確認し、その街に相応しいプランをご提案いたします。



街路灯内蔵型非常点灯ユニット サポートライト

サポートライト設置例

この灯りが災害時の暗闇から街を救う

サポートライトを街路灯の一部(支柱足元や歩道灯内)に配置します。平常時は補助照明として点灯し、非常停電時には瞬時に電源を蓄電池にリレーし約10時間の点灯を保持します。

お客様の声